OUSE WINERY Fukushima

ふくしまの果物が、ワインに実りました。

〇定休日月曜
〇営業時間10:00~16:00

逢瀬ワイナリー前にバス停ができました

3月11日(月)は臨時オープンいたします

3月27日(水)は臨時休業いたします

ふくしま逢瀬ワイナリーから、
福島県の果物の新しい実りを。

「ふくしま逢瀬ワイナリー」は、果樹農業の6次産業化に向け、
2015年10月に完成しました。福島県の特産品である果物の生産から、
加工、販売までを一連のものとして運営することを目指しています。
そこは、JR郡山駅と猪苗代湖のほぼ中間に位置し、田園を抜けた
静かな山あいにある豊かな自然環境に恵まれた醸造施設。敷地内では
ヤマザクラやブナをはじめ、四季折々の美しい景色を楽しむことができます。

フルーツ王国・福島県の美味しい桃や梨、林檎の可能性を広げたい。
新たにワイン用葡萄の栽培に挑戦する農家を応援したい。

地元で実った果物たちが、果実酒やブランデーやリキュールなどに、
もう一度、実るのです。そして、ふくしまの未来が、実るのです。

果物を作る農家の皆さんと一緒に、
福島県の農業の新しい道を拓いていきます。

「ふくしま逢瀬ワイナリー」の敷地は約9000m2
建物は鉄骨平屋建て約1400m2で、
1000ℓ用と2000ℓ用の醸造タンク26本(総容量40000ℓ)が並び、
ブランデーなどを造るためにドイツ製の蒸留機を備えています。
そして、来客エリアには試飲コーナーやセミナー室も設置。
ここに地元の人々が集い憩いの場となり、
やがて日本中や世界中から人々が訪れてさまざまな交流の場として育ち、
福島の新たな復興のシンボルとなっていくことを目指しています。

“ふくしまの未来„を想う生産者の情熱が込められています。

Vin de Ollage ロゼ 2018

メルローとカベルネソーヴィニヨンのブレンド。輝きのあるピンクは果皮からくる本来の色。野花のようなやさしい香り、生き生きしたキレのある酸味と、しっかりとした骨格が特徴です。

Vin de Ollage 赤 2018

メルローやブラッククイーン、カベルネソーヴィニヨンをブレンド。深紅色にカシスやプラムのような香り、豊かな土壌が生み出す上品で引き締まった酸味と、余韻を長く楽しめるなめらかな渋みが特徴です。

Vin de Ollage 白 2018

ソーヴィニヨンブランとシャルドネをブレンド。果実由来の淡い黄色に、グレープフルーツのような柑橘系で爽やかなフレーバ。口いっぱに広がる上品で爽快な香りと柔らかい酸味、フレッシュなシトラス系の果実味が特徴です。


郡山市で初収穫されたブドウで醸造した郡山産ワインの商品名は、「Vin de Ollage(ヴァン デ オラージュ)」。 福島県では「自分の家」を意味する「おらげ」という方言があり、地元の方々が「おらげのワイン」と自信をもって勧めて頂けるような商品となるために、名付けました。 ラベルの中央には、郡山の未来を切り拓き、日本遺産にも認定されている「1本の水路」安積疏水をイメージする1本のラインをデザイン。 中心のエンブレムには郡山の開拓者とワイン用のブドウを生産した郡山の農家の皆様を象徴する鍬をデザイン化しています。6つの鍬を合わせることで、風車をイメージし、良質なブドウを育てるために必要な風や新しい農業を推進する追い風を象徴するデザインとしています。

OUSE Peche

福島県産の桃「あかつき」を低温発酵後、銅製釜で蒸留したフルーツブランデーがベースのリキュールです。蒸留により引き出される桃の芳醇な香りや、甘味のある濃厚な果実感と、ハーブのまろやかな味わいにより、一層桃の華やかさが楽しめます。

OUSE  Poire Japonaise

福島県産の梨「幸水」と「豊水」を低温発酵後、銅製釜で蒸留したフルーツブランデーがベースのリキュールです。蒸留により引き出される梨のさわやかな香り、瑞々しい甘味、程よい酸味とハーブのまろやかな味わいにより、梨の豊かな風味が楽しめます。

OUSE Pomme

福島県産の林檎「ふじ」を低温発酵後、銅製釜で蒸留したフルーツブランデーがベースのリキュールです。芳醇な香りや濃厚な果実感、ハーブのまろやかな味わいにより、爽やかな林檎の風味が楽しめます。

フルーツブランデーベースのリキュールはヨーロッパでは伝統的で広く愛されています。
冷やしてそのままストレートで、またはロックやソーダ割り、カクテルにもおすすめです。

MUSCAT BAILEY A & STEUBEN ROSE 2018

大きな寒暖差が、うま味のつまった農作物を生み出す会津盆地。豊かな山が育む水と、自然の酵素などを利用して栽培したマスカット・ベーリーAとスチューベンを使い低温発酵しました。心地よい泡にベリー系のフレッシュで甘く爽やかな香りが口いっぱいに広がります。

CIDRE 2016

2016年に収穫されたりんごを使用して醸造。さわやかな酸味が特徴。

CIDRE 2017

2017年に収穫されたりんごを使用して醸造。後味に残るりんごの優しい甘さが特徴。


福島県産の林檎「ふじ」を100%使用。福島県の「ふじ」は開花から収穫までの期間が長く、太陽の恵みをたっぷり受け、じっくり完熟した芳醇な甘味と酸味のバランスが大きな特徴の一つ。農家が丹精込めて作ったふじの実と皮と果汁を一緒に低温発酵しました。フレッシュな香りと果実味を感じるシードルです。


お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁じられています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
お酒は適量で。飲んだあとはリサイクル。

果樹農家の皆さんに、
このプロジェクトに取り組む想いを聞きました。

力丸果樹園 / 力丸 哲さん (郡山市)

このプロジェクトを通して、自分の林檎の美味しさだけではなく、郡山、そして福島の農産物の美味しさと安全性がアピールできればありがたいです。

果樹園やまと / 阿部 幸弘さん (福島市)

新しい未来を創りたいとの想いで参画しました。息子や孫など次世代に想いを伝承していけるようなプロジェクトに育てていければと思っています。

橋本農園 / 橋本 寿一さん (郡山市)

誰かが風穴を開けなければ、前には進みません。若い世代に引き継いでいくため、福島の農業に新しい道を拓く起爆剤になれば、嬉しいですね。

伊達農園 / 小野 大樹さん (伊達市)

毎年一年生〟という気持ちで、緊張感を持って桃を栽培しています。おいしいお酒ができるよう、生産者同士で助け合いながら果実の質を高めていきたいと思います。

伊藤梨園 / 伊藤 正且さん (郡山市)

安心安全を心掛け有機栽培しており、品質には自信があります。この事業が長く継続し、福島の発展につながることを期待しています。

地図

郡山駅—国道4号線〜県道6号線を猪苗代湖方面へ 車で約30分
東北自動車道—郡山南IC〜県道47号・55号・6号線を猪苗代湖方面へ 車で約20分
JR郡山駅西口バスターミナル「11番乗り場 麓山経由休石行き」乗車「逢瀬ワイナリー前」下車(大人800円、小人400円)

福島県郡山市逢瀬町多田野字郷士郷士2番地
フリーダイヤル 0120-320307
(10時~17時)
問い合わせメールアドレス info@ousewinery.jp