Language

ふくしま逢瀬ワイナリーについて

「フルーツ王国・福島県の美味しい桃や梨、林檎の可能性を広げたい。」

「新たにワイン用葡萄の栽培に挑戦する農家を応援したい。」

ふくしま逢瀬ワイナリーは、果樹農業の6次産業化に向け、2015年10月に誕生しました。

東日本大震災で大きな打撃を受けた福島県の農業の復興に寄与するため、特産品である果物の生産から加工、販売までを一体的に運営する新たな事業モデルを構築し、農産物や地元ブランドの付加価値を高める「ふくしまワイナリープロジェクト」として始動、推進してきました。

福島県産の果物を原料とした酒類を製造するとともに、これまで郡山市で栽培されていなかったワイン用葡萄の栽培に地元農家や郡山市と着手しました。

試行錯誤しながら初めての栽培に取り組んできた地元農家や、農家を支えてきた郡山市などの「福島の農業に新しい道を開きたい」という思いが実り、郡山産葡萄のワインは2019年春に初出荷、このワインは自分の家を意味する方言「おらげ」にちなみ『Vin de Ollage(ヴァン デ オラージュ/おらげのワイン)』と名付けられました。 私たちは出逢いのワイナリーとして、福島県産果実との出逢い、地域との出逢い、人との出逢いを皆様に提供し、福島県産果実の新たな可能性を見せ、これからも未来への想いを紡いでいきます。

沿革 / History

2015.2郡山市と(公財)三菱商事復興支援財団が連携協定を締結
ワイナリープロジェクト始動
2015.4地元農家がワイン用ブドウの栽培を開始
2015.10ふくしま逢瀬ワイナリー完成
2016.3初商品として、会津若松産ブドウを使ったスパークリングワイン
『MUSCAT BAILEY A ROSE 2015』と
福島市・郡山市のリンゴを使った『CIDRE 2015』を発売
2016.11ワイナリーショップがオープン
2017.2初のリキュール商品『OUSE POIRE JAPONAISE』と『OUSE PECHE』を発売
2018 秋郡山産のワイン用ブドウを初収穫
2019.3初の郡山産ワイン『Vin de Ollage 2019』を発売

Language